ロゴ

インテリジェント映像監視ソリューション

 

extended video analysis

イベントが発生したら通知するシステム

ネットワークカメラの映像を分析し、人・煙・炎・物(自動車など)の監視対象物を認識・分析をして、監視目的に合うイベントの発生時に情報を監視者に通知するシステムです。センサーなどのハードウェアを使わないため維特保守費の負担が少なく、分析アルゴリズムはシステム負荷が少ないため低価格でのシステム導入が可能です。


映像監視システムの機能

領域検知 設定された領域内の侵入を検知、1画面で複数領域の設定可能
境界線検知 設定されたラインを越えての侵入を検知、多角形設定可能
持ち去り検知 物体が移動したことを検知(盗難などに応用可能)
置き去り検知 物体が留置したことを検知(不法投棄などに応用可能)
火災検知 炎、煙を検知→火災初期警告
水位検知 川の水位を検知→河川氾濫警告
人数/車両計数 人及び自動車の計数
メール通知 イベント検知時にメール通報、スナップショットを添付
一元管理 全てのカメラ設定を一画面で処理

必要とされる機能を低価格で実現

特徴

項目 内容
拡張性 一般PC上で動作可能なソフトウェア
ネットワークカメラ(Network Camera)とアナログカメラ(Analog Camera)の両方に対応
低いシステム負荷 システムリソース(CPU、メモリ)の負荷が少ない
誤探知の最小化 独自のアルゴリズムを適用して誤探知(False Alarm)を最少化
木の技の揺れ、車のライトなど探知対象外を判断
既存システムに
追加導入可能
既存の監視カメラ及びレコーダーに連携する導入が可能
簡単な設定 システム設定が簡単で導入しやすい

期待効果

・事件や事故発生時、既存の対応が難しい

・事件や事故発生時、膨大な監視カメラデータを目視で確認

・監視カメラの場合リアルタイムで監視するためには監視要員が必要

・監視要員が2台のモニターを同時に監視する場合、12分経過で45%、22分経過で95%の検知能力の低下発生
  (米法務局事法研究所)

・監視能力の向上,火炎の早期発見

・無断侵入の事前防止及び既時対応可能

・モバイルへの警告による対応可能改善

・リアルタイム及び過去のデータ検知

動作環境

Software Microsoft Windows 7 Professional, Microsoft Windows 8 Professional
Hardware CPU: Intel Pentium 2.50GHz以上
Mermory: 4GB以上
最大40チャンネル/台の分析可能

システム

システム