ID

映像分析による顔認証ソリューション

 

New Innovation of Face Recognition

三次元での顔認証総合管理を現実

特微点抽出式により高速・高精度に認識します。POSやデジタルサイネージ(Digital Signage)との連携、必要に応じて自動的にマスキングとアンマスキング機能を搭載。(個人情報保護のセキュリティ対応万全)


顔認証システムの概要

カメラに「顔を向ける」だけで本人を認証する、もっとも簡単で快適な認証方法です。生体認証であるため高いセキュリティも実現します。


顔認証システムの種類

デジタルサイネージの
効果分析システム

デジタルサイネージのカメラ前を通過した人の性別、年齢、人数などの情報を自動収集、 分析及びリポートを行います。 時間別・日別・週別・設置別などの多様なリポートが可能です。

デジタルサイネージの
広告支援システム

デジタルサイネージを見る人の性別、年齢を識別して、その人に合う広告を表示することで 広告の効果を高める機能です。

顧客カウントシステム

店舗を訪問するお客様の数を集計します。あらかじめ登録したスタッフや重複訪問者を除く、 純粋な訪問者数のみの把握が可能し、新規訪問、リピーター顧客、VIP顧客の把握もできます。

顔認証入館管理システム

入室時に顔認証を行い、照合合致した場合のみドアを開けます。
出退勤システムとしても利用することが出来ます。

POS購買顧客の属性収集システム

売場のレジ(POS)に設置されて購買顧客の属性を収集します。 収集された情報はサーバに伝送され、売場別、時間代別、地域別などの統計データとして処理されます。

プライベ-ト
マスキング

CCTV映像の顔部分を自動にマスキング処理して個人情報を保護します。
Masking/UnMasking機能は実時間、事後の両方可能です。


必要とされる機能を低価格で実現

特徴

特微点抽出式による認識 認識データをメタデータ化して処理
早い処理速度・低用量・個人情報保護 メガネ、帽子などの態変化による影響が少ない
左右最大40度まで顔検出が可能 1台のカメラで距離測定が可能
紫外線レンズに対する強い認識率 韓国S社で最高の検出・認識率を評価
RGBでの顔登録及び認証が可能

動作環境

Software

Microsoft Windows 7 Professional, Microsoft Windows 8 Professional

Hardware

CPU: Intel Pentium 2.0GHz以上
Memory: 2GB以上
アンドロイド、Linux 支援

アンドロイド Linux 支援